観光DB詳細

観光スポット

明神山公園

みょうじんやまこうえん

安産祈願と美しい桜

頂上には安産のご利益があるとして有名な神社がある。ぼたん姫の伝説が由来とされている。

‐ぼたん姫の伝説‐
昔、屋代郷一本柳に浜田大膳安利という殿様がいました。殿様夫婦はこどもに恵まれず、亀岡文殊様に七日七夜祈願しました。
七日目の夜、夫婦は同じ夢を見ました。紫の雲の中から唐獅子にのった文殊菩薩が現われ、満開の牡丹の花で夫婦の頭をなでたのです。
その後、奥様は玉のような女の子を産みました。牡丹の花になでられて生まれた子どもなので「牡丹姫」と名付け、大事に育てられました。牡丹姫はその名の通り美しく、聡明で気立てのよい娘に成長しました。姫はますます美しくなり、方々から結婚の申し込みがありました。
牡丹姫が16歳のとき、屋代の殿様と二井宿の殿様が牡丹姫を巡り、ついに争いになってしまいました。牡丹姫は困ってしまい、どちらに嫁に行けばよいのか亀岡文殊様に訊きに行きました。文殊様から「心配するでない、二井宿に行け」との御告げを聞いた牡丹姫は、二井宿の志田義次のお嫁になり幸せになりました。
三年後、牡丹姫は懐妊しました。お産のために二井宿から一本柳の実家に帰る途中、泉岡まで来たところで急に産気づいてしまいました。あまりの陣痛の苦しさに、近くの岩にしっかりと取り付き「子供の命は助けてください」と亀岡文殊様の方に向かってお祈りをしました。祈りが通じ男の子が生まれましたが、牡丹姫は息を引き取ってしまいました。

泉岡の高台の明神山に牡丹姫を祀った子易明神があります。霊験あらたかということで、安産祈願の明神様として多くの産婦がお参りをしています。

infomation

  • ■ 名称
    明神山公園
  • ■ 所在地
    東置賜郡高畠町泉岡 [MAP]
  • ■ お問い合せ先
    高畠町
  • ■ 電話番号
    0238-52-1111
  • ■ FAX番号
    0238-52-1543
  • ■ アクセス
    高畠駅より車10分
  • ■ 備考
    面積:0.47ha

Access 8,139,818pv (2007.03.21〜) Today 2,555pv Yesterday 7,345pv Contents 5,905pages